CPU室温にはグリス

暑い夏場がやってきました。人類同様にパソコンも暑さ虎の巻が必要ですね。こちらは階級に数回デスク最高PCの内方掃除をしています。

パソコンの最大の敵は情念だ。それほどCPU室温はホコリで詰まりすると情念狂気の原因となりますから掃除は必須です。

さて私の掃除ツボですが、マザーボードからCPU室温を外し、航空機ダスターでホコリを取り除きます。

こちらは吸気口には換気扇用のフィルターを張り付けてあるため、ホコリは低めだ。目詰まりしてから掃除するのでは遅いので、これでグッドタイミングだとしている。

次にマザーボード・電源気違い、吸気・通風気違い、異変内部のホコリも航空機ダスターで吹き払います。ホコリ自体が熱を帯びるので余計なしみはじっくり排除したいところです。

さて、掃除が終わったら、外したものを一概に押し付けます。CPU室温にはグリスを塗って置きます。

古いグリスを綺麗に取り除いてから塗りつけるのが重要ですね。それほど薄塗りが基本と言いますが、こちらはあまり気にせず塗っている。

コネクタの挿し込みが浅かったり、抜けたとおり網羅を閉じたりすることがたまにありますので、丁寧にチェックをします。

過去にCPU室温の据え置き不良でOS発動中に電源が落ちる経験をした事があります。室温が浮いていたのですね。ここも要測定なポイントだ。

内部の測定が終わったら電源を入れて乱れの有無を確認します。無事にパソコンが発動したら内部の気温をチェックします。

こちらは「HWMonitor」というフリーソフトとしている。こういうソフトウェア、CPUや内部の気温はもちろん、気違いの循環台数や各国の電圧までモニタリングが出来る優れものです。

アイドリングときのCPU自体気温が40℃内というのが私の調子だ。室温加算5℃近くを目指すお客様もいるようですがそこまでは勧めません。

値に乱れが無ければオペレーションエンディング。オペレーションターム半を目安に終わらせている。常々見えないパソコン内方、定期的に清掃して安心して使えるようにクリーンな体制を保っている。
出会い系アプリを使うなら山梨でココがいい