豆の種類って売り手が

隅田川にかかる厩橋、その台東区近辺のたもとに、ちっちゃなカフェがありました。父がそのショップの通常で、当時小学校だった私も時どき連れて行って貰っていました。

ちびっこですから渋いコーヒーではなく、ジュースを飲み込むのですが、でも随時大人ぶってコーヒーをオーダーしたものです。とは言っても砂糖をガンガン入れて軽くして飲んでたんですが。

そのカフェも10歳ほど前に廃業してしまいました。けれどもそのコーヒーが、こちらにとってはコーヒーの中身だったのです。

そしたら色々なおショップでコーヒーを呑みました。それなりにうまいコーヒーはありましたが、あのカフェの風味ものの感じはありませんでした。

そういったある日、入谷の路地裏にある古ぼけたカフェに何の気持ち無しに入ってみました。空席見込をせずコーヒーを口にしてみると、はからずも思い出深い風味が決める。

もしかしてとして、砂糖をたっぷりと入れてみました。すると、あの思い出深いカフェのコーヒーの風味が口の中に広がってきたのです。

理解の相談を伺いましたが、あのカフェのことは知らないそうで、至極の無縁そうです。でも豆の種類って売り手を教えてくださいましたので、いつか買いに行って自宅で淹れてみようと思います。

思わぬところで思い出深い風味という再会できた毎日でした。
出会い系アプリを使うなら東京立川でココがいい